茶道の点前|陶器 陶磁器

茶道具入門

HOME > 茶道の点前

茶道の点前

茶道では、お茶を点てることを「点前」(てまえ)と呼びます。茶道の点前を簡単に説明すると、お茶を点てる道具を茶席に運び出して置きつけ、客の前で茶器、茶碗などを清め、茶碗をお湯で温めます。

そこへ抹茶を入れ、湯を注ぎ、茶筅で抹茶と湯を掻き混ぜます。点てた抹茶を客へ出し、最後に使った道具をもう一度、清めて、元の場所へ片付け、道具を持ち帰ります。

お茶を点てるための道具の置き場所や、ひとつひとつの動作に意味があり、無駄な動きがなく、合理的で、洗練され、茶道の所作は流れるように美しいものです。