千利休の教え|陶器 陶磁器

茶道具入門

HOME > 千利休の教え

千利休の教え

現在の茶道の原型を完成させた千利休は茶道の心得を、「四規七則(しきしちそく)」と説きました。

「四規」とは和敬清寂(わけいせいじゃく)の精神を言います。

和…お互い仲良くする事。
敬…お互い敬いあう事。
清…見た目だけでなく心の清らかさの事。
寂…どんな時にも動じない心の事。

「七則」とは、他人に接するときの以下七つ心構えです。「茶は服のよきように点て 炭は湯の沸くように置き 冬は暖かく夏は涼しく 花は野にあるように入れ刻限は早めに 降らずとも雨具の用意 相客に心せよ」

つまり、「心をこめる、本質を見極め、季節感を大切にし、いのちを尊び、ゆとりをもち、やわらかい心を持ち、たがいに尊重しあう」のが大切だということです。

この他に千利休の教えをはじめての人にもわかりやすく、おぼえやすいように、和歌の形にしたものを、「利休道歌(りきゅうどうか)」といいます。