安土桃山時代|陶器 陶磁器

茶道具入門

HOME > 茶道の歴史> 安土桃山時代

安土桃山時代

わび茶は、堺の豪商であり茶人でもある武野紹鴎と、その弟子である千利休によって安土桃山時代に完成され、武士階層にも広まりました。利休自信も、織田信長が堺を直轄地とし時に茶頭として雇われ後に豊臣秀吉にも仕えます。しかし豊臣秀吉の勘気に触れ、切腹を命じられてしまいました。

その後は、利休の後継者である千道安や千少庵達によって受け継がれていきました。没しても尚、千利休の功績は大きく、現在でも中国からお茶を日本に伝えた栄西禅師と、茶園を開いた明恵上人、そして茶道の始祖である千利休の三恩人の業績を称え、京都では「宇治茶まつり」が開催されています。